MEO対策とは?特徴をわかりやすく解説!上位表示させるには?

MEO対策とは?特徴をわかりやすく解説!上位表示させるには?

店舗集客において、年々重要さを増してきているのがMEO対策。
まだあまり知られておらず、力を入れている店舗は多くありません。
だからこそ、ライバルに先んじてMEO対策を行う価値があると言えるでしょう。

そんなMEO対策について、わかりやすく解説していきます。
店舗への集客に力を入れたい方は是非参考にしてみて下さい。

MEO対策とは

MEO対策とは?

MEOはMap Engine Optimizationの略。
Googleマップに表示される店舗情報の最適化や、ローカル検索をした際に上位表示させることを指します。
※ローカル検索とは:場所に関する検索が行わた際、それに適した検索結果を表示させること

SEOとは異なり、商圏内のターゲットユーザーに直接店舗を認知してもらえるため、集客につながりやすい優秀なチャネルと言えるでしょう。
現にGoogleの調査では、ローカル検索をしている人の41%が検索後24時間以内に店舗を訪問。
店舗を探す際には、44%の人がGoogleマップを利用しているとしています。

MEO対策を行うメリット

なんといっても最大のメリットは集客力でしょう。
場所が絡んだ検索キーワードだと、SEOよりも上位表示されます。
例えば、「表参道 カフェ」で検索すると、以下のように上位3店が最上位に表示されているのがわかります。

そして、SEOよりも上位表示させやすいのが特徴。
理由は「地域が限定されているためライバルが少ない」「店舗を持たないWEBサイトが参入できない(食べログなど)」ため。
SEOよりも少ない労力で大きな集客力を誇ることから、近年はMEO対策に力を入れる店舗が続出しています。

また、店舗情報だけでなく第三者のレビューも付いているため、より信頼されやすいというメリットも。
MEOに表示させるにはGoogleマイビジネスに登録すればでき、なおかつ費用もかかりません。
やらない手はないでしょう。

MEO対策を行うデメリット

では反対に、MEO対策を行うことによるデメリットはあるのでしょうか。
まずあげられるのが、業種によって効果が大きく異なる点です。
飲食店や美容院などの地域に根差した店舗があれば効果を得やすい反面、WEBサービス系やBtoBなどはほぼ効果がありません。
Googleマップの枠そのものが出てこない業種も珍しくありませんので、そういった業種であればMEO対策を行う必要はないでしょう。

他にデメリットとしては、悪質なレビューを投稿され、悪評をバラまかれる可能性が考えられます。
悪質なレビューを投稿し、ライバル店の評判を落とす「逆MEO対策」を行う悪質な業者や店舗が一部存在しているのです。

とは言え、このGoogleマップに店舗情報を登録すること自体は誰にでも、店舗関係者でなくても出来てしまいます。
そのため、MEO対策をせずに放置していると、誤った情報が広がってしまったり、前述したような逆MEO対策の餌食となってしまうことも。

しかし、自身でMEO対策をしておけば、正しい情報だけを発信できますし、逆MEO業者から身を守ることも出来ます。
「違法、攻撃的、詐欺的、または悪意がある」ものであれば、Googleに報告し、そのユーザーの利用を停止させることが可能。
自分の身を守る意味でも、MEO対策を行う必要があるのです。

MEO対策で上位表示される仕組み

MEOで上位表示されるには、「関連性」「距離」「知名度」が鍵を握ります。

関連性:検索キーワードと店舗情報がどれほど合致しているか。

距離:検索キーワードで指定された場所から、店舗場所までの距離が近いかどうか。

知名度:どれほど店舗が広く知られているか。レビューの数や評価、WEBサイトの検索順位なども影響します。

上記の3要素が組み合わさって上位表示されるか否かが決まります。
では、具体的に一体どのような施策を行えば上位表示させやすくなるのでしょうか。

MEO対策で上位表示させるための3つの方法

➀情報や写真を充実させる・ビジネスオーナー確認を行う

Googleマイビジネスに登録し、店舗情報を入力していきましょう。
内容は充実させるに越したことはありません。
営業時間だけでなく、祝祭日や年末年始などの特別営業時間などを定期的に更新し、常に正確な情報を心がけることです。

また、写真の積極的な投稿も有効です。
外観、内装、メニュー、商品などを投稿していると、見込み顧客によりアピール出来るでしょう。
Googleマップに表示される写真を選ぶことは出来ず、投稿された写真の中からランダムで表示される仕組みですが、オーナーが投稿した写真が採用されやすい傾向にあります。
Googleも写真を登録することを推奨していますので、重要度は高いと言えます。

ビジネスオーナー確認も忘れずに行いましょう。
上位表示されやすくなるとGoogleが明言しています。
具体的な方法については、こちら(ビジネス リスティングの追加または登録)をご覧ください。

②レビューや高評価を増やす

前述したように、レビューの数や評価の高さは上位表示につながります。
来店してくれたお客様へ、レビューの依頼を積極的に働きかけるのは効果的です。
また、レビューに対しても出来る限り返信していきましょう。
好意的な内容にはお礼を、批判的な内容には今後改善する旨を投稿し、ユーザーを尊重していることをアピールすると効果的です。

③適切なキーワードを選ぶ

店舗の説明文の中に、上位表示させたいキーワードを入れる必要があります。
そのためには、適切にキーワードを選ばなくてはなりません。
例えば、「地名 イタリアン」だとライバルが強力な場合、「地名 パスタ」「地名 ピザ」「地名 イタリアン ランチ」のように、狙うキーワードを変えるわけです。
勝算のあるキーワードを適切に選ぶことは、MEO対策においては重要なポイントとなります。

MEO対策会社・代理店の選び方は?

MEO対策を自身で行うのは簡単ではありません。
ほとんどの店舗では、MEO対策会社に依頼しているのが現状です。

Googleマップ・Googleマイビジネスの改良や進化スピードは非常に早く、ローカルMEOの考え方は頻繁に変化しています。
だからこそ、専門知識を備えた、信頼できる会社に依頼しなければ、成果を得られません。

弊社エクスクランは、特定のキーワードで3位以内を達成した際に成果報酬を頂く「成功報酬型」にて、MEO対策を請け負っています。
余計なコストをかけずにMEO対策を行うことが可能となります。
店舗へのさらなる集客をお考えでしたら、是非一度お問い合わせ下さい。

エクスクラン MEO対策 お問い合わせ

カテゴリ関連投稿