レスポンシブデザインって結局何がいいの?

 

レスポンシブウェブサイトの例

最近は中小企業でもレスポンシブデザインのウェブサイトを見かける様になりましたね、

レスポンシブデザインが分からないって?

そんな方もいらっしゃるだろうと思い今回はレスポンシブデザインに関して書こうと思います。

レスポンシブ・ウェブデザインの定義

googleウェブマスター向け公式ブログにはこの様に書かれております。

レスポンシブ・ウェブデザインは、CSS3のメディアクエリを使用して見た目を変更するWeb ページの構築手法です。つまり、デバイスに関わらず共通の 1 つの HTML を用意し、CSS メディアクエリを使用して、そのページを表示する画面サイズからデバイスを判断しCSSを選択し、そのデザインを変更します。

ほーん、で?

と思う方も居るかと思うので定義はそこそこに、ここからはメリットをお伝えしたいと思います。

 

メリット1 なんといっても安い!

HTMLファイルを1つにまとめられるワンソースだからPCサイト・スマホサイトを別々で作成するよりも安価です!
サイト更新も一回でPC・スマホにも反映される為ランニングコストも低減

 

メリット2 ユーザビリティの向上

スマホでネットサーフィンをしているとスマホ対応されていない見にくいサイトに出くわす事がありますよね?実は結構深刻な問題で「ボタンが押せない(押したら他のボタンも押してしまった)・ズームしないと文字が読めない・表示が崩れている」等のサイトは訪問者にストレスを与えTOPページから移動もされずに離れて行ってしまいます。

下記の様にスマホ対応しているかどうかは一目瞭然。

スマホ対応しているレスポンシブデザインのサイト

スマホ対応していないサイトはなるべくは入りたくないですよね?
「All In Pop」ではスマホだけでは無くタブレット・タブレットフォン等にも最適化されている為ストレスフリーです。

 

メリット3 各デバイスへの最適化はSEOに有利

なんといっても結局のところSEOでしょう、googleではレスポンシブデザインを推奨しております!

googleウェブマスター向け公式ブログにはこの様に書かれている。

・PC 用のページとモバイル用のページを単一の(同一の) URL とすることができるため、ユーザーにとってはシェアやリンクが容易であり、Google のアルゴリズムにとってはコンテンツを適切にインデックスできるようになります。
・ユーザーエージェントの異なる Googlebot ごとにページをクロールする必要がないため Google がより効率的にコンテンツを発見することができます。

 

いかがですか~?今までPCサイトだけで満足していた方もうかうかしてられませんよ!

格安で更新が楽で・SEOに有利なんて聞いたらレスポンシブにしない理由なんてないでしょう!レスポンシブデザインのウェブサイト制作ならエクスクランに是非ご相談ください!

 

レスポンシブウェブサイトのお問合わせはこちら

Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0